カートを見る

最近、お肌健康のお悩みはありませんか?

飲むだけで実感
ツバメの巣を使った健康サプリ

糖鎖栄養素の量が豊富な「La-糖鎖」安全・品質の認証取得済み

N-アセチルノイラミン酸(シアル酸)の含有量が多く、単糖抽出のため吸収率が抜群な商品です。

ツバメの巣から抽出されるシアル酸の含有量は、ロイヤルゼリーの200倍も含まれています。

このサプリを摂取する事で、肌にハリや弾力を与えられるだけではなく、風邪やインフルエンザ等の感染症に掛かりにくくする効果が期待出来ます。

そもそも”糖鎖”ってどんな栄養素なの?

  • 写真
  • 「糖鎖」は細胞間や細胞とタンパク質間のコミュニケーションを司るアンテナです。

    自己治癒力を正常な状態に戻すことは、糖鎖を正常な状態に戻すことと同じ意味になります。

    近年、糖鎖が私たちの健康のメカニズムをサポートしている事が解明されています。

    しかしながら、糖鎖は、日頃の食事から摂取する事大変難しい成分です。

    難病や原因不明と呼ばれる病気を含む「自己免疫疾患」という病気群などは「糖鎖異常」だったことが解明されています。

    また、ツバメの巣にはE.G.F(表皮成長因子)とF.G.F(繊維芽細胞増殖因子)という物質に似た作用があると言われており、肌の再生・活性化に大きく寄与すると言われています。

受験生のいらっしゃる父兄様へ


受験のプレッシャーは
     言葉では表せない

ツバメの巣サプリには、気持ちを落ち着かせ集中力を高める効力があります。
受験に向けて、心身ともに活力を引き出す補助食品として、是非お試し下さい。


美肌と健康のためのつの成分

1.人の健康維持機能と深く係わる「シアル酸」

人の健康維持機能と深くかかわる「シアル酸」

ツバメの巣には免疫機能に深く関係する「シアル酸」という成分が豊富に含まれており、私たちの身体のいたるところに存在しています。

体内の約60兆個の細胞のひとつひとつにシアル酸が存在し、様々な情報を伝達しています。
このシアル酸が病気の予防や感染、健康維持に係わっていると言われています。

このように身体にとって非常に大切な成分が、ツバメの巣には豊富に含まれているのです。

ご愛顧頂いているお客様および検討されているお客様から寄せられた声は下段にあります
「お客様からの質問」をご覧下さい。



2.肌細胞を活性化させる「天然E.G.F作用物質」

E.G.Fは「上皮増殖因子」と呼ばれ、皮膚の再生に役立つ物質で、皮膚のターンオーバーを早め、皮膚の維持・再生に関係しています。

健康な若い人の肌のターンオーバーは約28日ですが、23歳を過ぎたころから30~50日周期となり、再生機能が低下し、皮膚の老化が進行していきます。

E.G.Fを含むツバメの巣を摂取する事で、肌本来の力を助け、古い角質が肌に長期に留まる事を防ぎ、加齢と共に低下する皮膚細胞の新生を促進することが見込めます。


3.肌を修復する「天然F.G.F作用物質」

F.G.Fは「繊維芽細胞増殖因子」と呼ばれ、体内のいたるところに存在して、表皮のハリや弾力に関係する成分コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などを生産する重要な細胞です。

F.G.Fを含むツバメの巣を摂取する事で、繊維芽細胞そのものを増やし、ダメージを受けてしまった皮膚を修復して、皮膚にハリが出る事が期待出来ます。

商品ラインナップ

化粧水と保湿クリームのセットです
《La-糖鎖》
《商品情報》
商品名:La-糖鎖
名称:糖鎖構成栄養素食品
原材料名:難消化性デキストリン、デキストリン、N-アセチルグルコサミン(えび・かにを含む)、乳糖果糖オリゴ糖、還元麦芽糖水飴、酵素処理燕窩、モズク抽出物
内容量:15g(1gx15包)
飲み方:1日1包を目安にお召し上がりください。(体調に合わせて調整して下さい)
販売価格
7,200円
(税込)

販売価格
6,840円
(税込)
妊娠と糖鎖の関係
Q
結婚して5年になりますが、中々子供が授かりません。妻は、不妊検査をして異常無しとの事でした。
精子と糖鎖の関連性について教えて下さい。
A
男性の場合「精子の数が少ない」「元気な精子が少ない」「奇形精子が多い」等の造精子機能障害が原因となっています。

これは、精子形成に問題があるのです。

精子形成は、精巣にある糸状の精細管の中で行われます。

精細管内には精子の元となる生殖細胞とそれをサポートするセルトリ細胞があります。

生殖細胞の幹細胞は色々な刺激によって分化精原細胞になり、分化精原細胞はセルトリ細胞にくっついて内側に移動し、精母細胞に分化します。この精母細胞は減数分裂を2回繰り返し、半数体の精子細胞になります。

その後、形態変化によって、オタマジャクシのような鞭毛を持つ精子になります。

上記のプロセスのうち、精巣内の特異的な糖鎖が生殖細胞とそれをサポートするセルトリ細胞とのコミュニケーションに重要な役割を果たしています。
従って、精巣内の特異的な糖鎖に問題があると、元気で動きの良い正常な精子は作られません。
Q
受精と糖鎖の関係性
A
膣内で放出された数億子の精子は、弱アルカリ性ですので、酸性の膣内では約半数の精子が死滅します。

子宮内と卵管内はアルカリ性ですので、子宮内にたどりついた精子は数日間生きています。

その間に、卵管内を移動して来た数十から数百個の精子は、卵管膨大部で卵丘細胞層によって囲まれた卵子と出会います。

精子は、ヒアルロン酸で架橋されている卵丘細胞層を酵素(ヒアルロニターゼ)で分解・通過し、卵子を被っているタンパク質層の透明帯と結合します。

透明帯は、複数の糖タンパク質(糖鎖)で構成され、この糖タンパク質が精子と結合し、精子の形態変化・多精阻止など、重要な役割を果たしています。

Q
子宮内の糖鎖の役割
A
子宮内膜への受精卵の着床プロセスは、胚と子宮内膜上皮との接着から間質への浸潤し、胚全体が内膜に包まれて定着します。
受精卵の着床成立するためには、子宮内膜と胚のそれぞれの条件が合致する必要があります。

子宮内膜は卵巣ホルモンにより増殖期→分泌期→月経を繰り返します。

そして、分泌期の中の胚受容期にのみ胚を受け入れる事が可能となり、この時期に子宮内膜上皮にL-セレクチンと結合する糖鎖が増加します。

一方、胚は胚盤胞の段階で着床します。

胚盤胞の内細胞は、将来の胎児となる胚結節になり、外細胞は将来の胎盤となる栄養膜細胞に分化します。胚盤胞表面の栄養膜細胞によって発現したL-セレクチンと糖鎖リガンドとの結合によって、着床の初期における子宮内膜上皮と胚の接着が可能となります。

上述しましたように、妊娠における各段階において糖鎖が重要な役割を担っていますので、正常な糖鎖を持たずに妊娠しづらいのです。
Q
結婚して5年になりますが、中々子供が授かりません。妻は、不妊検査をして異常無しとの事でした。
精子と糖鎖の関連性について教えて下さい。
A
男性の場合「精子の数が少ない」「元気な精子が少ない」「奇形精子が多い」等の造精子機能障害が原因となっています。

これは、精子形成に問題があるのです。

精子形成は、精巣にある糸状の精細管の中で行われます。

精細管内には精子の元となる生殖細胞とそれをサポートするセルトリ細胞があります。

生殖細胞の幹細胞は色々な刺激によって分化精原細胞になり、分化精原細胞はセルトリ細胞にくっついて内側に移動し、精母細胞に分化します。この精母細胞は減数分裂を2回繰り返し、半数体の精子細胞になります。

その後、形態変化によって、オタマジャクシのような鞭毛を持つ精子になります。

上記のプロセスのうち、精巣内の特異的な糖鎖が生殖細胞とそれをサポートするセルトリ細胞とのコミュニケーションに重要な役割を果たしています。
従って、精巣内の特異的な糖鎖に問題があると、元気で動きの良い正常な精子は作られません。
関節リウマチと糖鎖の関係
Q
現在、医者からステロイド剤を処方されていますが、治らないので藁にもすがる思いで、連絡しました。

糖鎖は関節リウマチに効果は見込めるのでしょうか?
A
治療にはステロイド剤が多く使用されておりますがステロイド剤は炎症を抑えるだけで、治療への効果は薄いと思われます。

また、ステロイド剤は長期間使用すると骨がスカスカになる骨粗しょう症などの症状が併発します。

関節リウマチの患者さんは、単糖(糖鎖)のガラクトースをくっつける酵素の異常でガラストースが欠損し、N-アセチルグルコサミンという単糖(糖鎖)が著しく増加します。つまり糖鎖の中のたった1か所の単糖(糖鎖)の違いで発症しているのです。

慢性関節リウマチ患者のIgG糖鎖は、糖鎖の重要な構成糖である、ガラクトースが欠乏してN-アセチルグルコサミンに変化していることが分かっています(1985年)これはガラクトース転移酵素の異常によるものですが、

アックスフォード博士は、リウマチ性関節炎や全身エリテマトーデスの患者はガラクトシルトランスフェラーゼと呼ばれる酵素および糖質栄養素のガラクトースが、健常人に比べて少ないことを確認しました。疾患の重症度がガラクトースの欠損の程度と直接関係していることが発見されました。

これも糖鎖の原料補給により改善の可能性があるといわれております。

La-糖鎖は、N-アセチルグルコサミンという単糖(糖鎖)非常に多く含んでいます。

また、単糖抽出しておりますので、確実に身体に吸収されます。

Q
現在、医者からステロイド剤を処方されていますが、治らないので藁にもすがる思いで、連絡しました。

糖鎖は関節リウマチに効果は見込めるのでしょうか?
A
治療にはステロイド剤が多く使用されておりますがステロイド剤は炎症を抑えるだけで、治療への効果は薄いと思われます。

また、ステロイド剤は長期間使用すると骨がスカスカになる骨粗しょう症などの症状が併発します。

関節リウマチの患者さんは、単糖(糖鎖)のガラクトースをくっつける酵素の異常でガラストースが欠損し、N-アセチルグルコサミンという単糖(糖鎖)が著しく増加します。つまり糖鎖の中のたった1か所の単糖(糖鎖)の違いで発症しているのです。

慢性関節リウマチ患者のIgG糖鎖は、糖鎖の重要な構成糖である、ガラクトースが欠乏してN-アセチルグルコサミンに変化していることが分かっています(1985年)これはガラクトース転移酵素の異常によるものですが、

アックスフォード博士は、リウマチ性関節炎や全身エリテマトーデスの患者はガラクトシルトランスフェラーゼと呼ばれる酵素および糖質栄養素のガラクトースが、健常人に比べて少ないことを確認しました。疾患の重症度がガラクトースの欠損の程度と直接関係していることが発見されました。

これも糖鎖の原料補給により改善の可能性があるといわれております。

La-糖鎖は、N-アセチルグルコサミンという単糖(糖鎖)非常に多く含んでいます。

また、単糖抽出しておりますので、確実に身体に吸収されます。

インフルエンザと糖鎖の関係
Q
インフルエンザと糖鎖はどのように関連していますか教えてください。
A
糖鎖はゴジル体と呼ばれる細胞内小器官で作られタンパク質がゴジル体を通過するときに糖転移酵素によって糖鎖が付加(糖タンパク質)されて細胞膜表面に運ばれます。

糖鎖膜表面の糖タンパク質は細胞同士が互いを認識するのに不可欠な物質で特に神経系や免疫系のように細胞同士が複雑なネットワークを作るシステムでは重要となります。

糖転移酵素のひとつであるシアル酸転移酵素は糖鎖の末端にシアル酸(N-アセチルノイラミン酸)を付加します。ご質問のインフルエンザの予防としては抗体免疫力の働きがポイントになります。

インフルエンザウイルスを攻撃する抗体は免疫細胞のB細胞が担当します。

このB細胞ではシアル酸の量と働きが抗体作りに非常に重要となっています。

この様なこともあり、人間を含めた哺乳類の体内ではシアル酸が最も広く分布しています。

La-糖鎖のシアル酸は、良質なアナツバメの巣から抽出されています。
Q
インフルエンザと糖鎖はどのように関連していますか教えてください。
A
糖鎖はゴジル体と呼ばれる細胞内小器官で作られタンパク質がゴジル体を通過するときに糖転移酵素によって糖鎖が付加(糖タンパク質)されて細胞膜表面に運ばれます。

糖鎖膜表面の糖タンパク質は細胞同士が互いを認識するのに不可欠な物質で特に神経系や免疫系のように細胞同士が複雑なネットワークを作るシステムでは重要となります。

糖転移酵素のひとつであるシアル酸転移酵素は糖鎖の末端にシアル酸(N-アセチルノイラミン酸)を付加します。ご質問のインフルエンザの予防としては抗体免疫力の働きがポイントになります。

インフルエンザウイルスを攻撃する抗体は免疫細胞のB細胞が担当します。

このB細胞ではシアル酸の量と働きが抗体作りに非常に重要となっています。

この様なこともあり、人間を含めた哺乳類の体内ではシアル酸が最も広く分布しています。

La-糖鎖のシアル酸は、良質なアナツバメの巣から抽出されています。
高血圧と糖鎖の関係
Q
何時もイライラ、落ち着けず興奮状態にあって高血圧ですが、どうして血圧が高くなるのですか?糖鎖と何か関係はあるのですか?
A
何時もイライラ、落ち着かずソワソワしたり興奮しやすい人の多くは、アミノ酸の一種で精神状態を安定させるギャバ(GABA:ガンマアミノ酪酸)の脳内での働きが不足しています。

脳を興奮させるグルタミン酸は車で例えるとアクセルで、脳の興奮を抑制するギャバはブレーキとして働き両者のバランスで精神の安定が保たれています。

通常、脳が興奮すると、脳内でギャバが分泌されて脳神経細胞にあるギャバと結合する糖鎖にくっついて、興奮を抑えています。

従って、脳内でギャバが分泌されても、それをキャッチする神経細胞の糖鎖に問題(不全、異常)があるといつまでも興奮はなかなか抑制できません。

そして、何時もイライラして体は血圧を上昇させ高血圧状態になります。
Q
何時もイライラ、落ち着けず興奮状態にあって高血圧ですが、どうして血圧が高くなるのですか?糖鎖と何か関係はあるのですか?
A
何時もイライラ、落ち着かずソワソワしたり興奮しやすい人の多くは、アミノ酸の一種で精神状態を安定させるギャバ(GABA:ガンマアミノ酪酸)の脳内での働きが不足しています。

脳を興奮させるグルタミン酸は車で例えるとアクセルで、脳の興奮を抑制するギャバはブレーキとして働き両者のバランスで精神の安定が保たれています。

通常、脳が興奮すると、脳内でギャバが分泌されて脳神経細胞にあるギャバと結合する糖鎖にくっついて、興奮を抑えています。

従って、脳内でギャバが分泌されても、それをキャッチする神経細胞の糖鎖に問題(不全、異常)があるといつまでも興奮はなかなか抑制できません。

そして、何時もイライラして体は血圧を上昇させ高血圧状態になります。
線維筋痛症と糖鎖の関係
Q
線維筋痛症(FMS)と診断されて「電気が走るような痛み」や「ガラスの破片が流れるような痛み」と言われる独特の痛くて・・・原因は不明という事ですが、糖鎖と何か関係があれば教えて頂きたい。
A
原因は不明とされていますが、ストレス特に過去における精神的ストレスが主因ではないかと指摘する専門家が多いようです。

しかし、1.神経系、2.免疫系、3.内分泌系の3つのバランスが崩れ神経伝達物質、サイトカイン、ホルモンの分泌・受容つまり「糖鎖に問題が生じている」との指摘も多く有ります。

そこで糖鎖栄養素の摂取を試してみるのも良いかと思います。
Q
線維筋痛症(FMS)と診断されて「電気が走るような痛み」や「ガラスの破片が流れるような痛み」と言われる独特の痛くて・・・原因は不明という事ですが、糖鎖と何か関係があれば教えて頂きたい。
A
原因は不明とされていますが、ストレス特に過去における精神的ストレスが主因ではないかと指摘する専門家が多いようです。

しかし、1.神経系、2.免疫系、3.内分泌系の3つのバランスが崩れ神経伝達物質、サイトカイン、ホルモンの分泌・受容つまり「糖鎖に問題が生じている」との指摘も多く有ります。

そこで糖鎖栄養素の摂取を試してみるのも良いかと思います。
発達障害(自閉症・ダウン症など)と糖鎖の関係
Q
発達障害(自閉症・ダウン症など)と糖鎖に何らかの関係はあるのですか?
A
人間の身体は体重の約18%がタンパク質です。体の組織を作るタンパク質は日々入れ替わっております。遺伝子によって合成されるタンパク質は次の4段階で「正常/異常のチェック」をされます。

第一段階:遺伝子からポリペプチド(アミノ酸の結合。タンパク質の一歩手前)へと翻訳される段階
第二段階:不良タンパク質の修理/再生される段階
第三段階:元の遺伝子(タンパク質の設計図)に誤りがあり、タンパク質の分解(廃棄処分)される段階
第四段階:細胞の自殺(アポトーシス)がなされる段階この1~4の複数のプロセスでタンパク質に糖鎖が結合する必要があります。

その結合が上手く出来ないと神経系を中心に不具合が起きて、知識や運動神経の発達に障害が発生します。
Q
発達障害(自閉症・ダウン症など)と糖鎖に何らかの関係はあるのですか?
A
人間の身体は体重の約18%がタンパク質です。体の組織を作るタンパク質は日々入れ替わっております。遺伝子によって合成されるタンパク質は次の4段階で「正常/異常のチェック」をされます。

第一段階:遺伝子からポリペプチド(アミノ酸の結合。タンパク質の一歩手前)へと翻訳される段階
第二段階:不良タンパク質の修理/再生される段階
第三段階:元の遺伝子(タンパク質の設計図)に誤りがあり、タンパク質の分解(廃棄処分)される段階
第四段階:細胞の自殺(アポトーシス)がなされる段階この1~4の複数のプロセスでタンパク質に糖鎖が結合する必要があります。

その結合が上手く出来ないと神経系を中心に不具合が起きて、知識や運動神経の発達に障害が発生します。

美と健康の アナツバメの巣 サプリメント La-糖鎖(糖鎖栄養素)

名医に聞く「美と健康」の秘訣

皇室認定医の寺澤早苗先生や元東京医科大学助教授、世界健康長寿学会議長の今井敬喜先生に「寿命100歳時代とも言われるこれからの美容と健康について」 どのように対応していけばよいのか? また、効果的な食事とサプリメントの取り方についてお聞きしました。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

Dr.サプリシリーズへようこそ!

生プラセンタ
La-Beauty

La-Beauty

ダイエットサプリ
Bio4ra

Bio4ra

ペット用サプリ
ペットーサ

ペットーサ